飲みすぎに注意! 危険な症状は?対処法は?(白目、泡吹き、気絶)

飲みすぎに注意! 危険な症状は?対処法は?(白目、泡吹き、気絶)

テキーラを景気付けに2ショット続けて飲む前菜「テキーラブンブン」。テキーラを10ショット用意して、ひたすら飲み続ける「テキーラ決勝戦」。やり続けると通常の人間はどうなるのだろうか?

 

登場人物

パパ子初参戦!

部活動参戦を宣言してから、2回個人練をして、ようやく本物の部活動にありつけた巨乳パパ子。

気分はノリノリだ。そんな日に副部長は超絶遅刻。

ほぼ初対面の部長とパパ子を先にエンカウントさせ、待機を命じる。

集合場所は、パパ子が恵比寿で見つけたばかりの部活動場パブリックスタンドだ。

 

副部長はある程度仕事を終わらせてから、タクシーに乗り込み、恵比寿駅へ向かう。

すると、部長から電話。

 

「恵比寿ビミョいから、我らが聖地、六本木にするぽよ」

 

なんて勝手な!

副部長はすぐにタクシーの運ちゃんに謝りながら報告し、軌道修正、六本木に向かってもらった。

先に着いてしまった副部長は1人でHUBに入店。

HUBの中でいうベスポジに1人で座りながらスマホをいじっていると、ふと視線を感じた。

 

・・・・・!

 

「テキーラ決勝戦」の時のテキーラボーイが目前にいるではないか!!!!

 

テキーラボーイは今回は先輩ではなく、アジア系外人の後輩と一緒にいた。

2週間越しの、全く同じ店、同じ時間、同じ席での再会である。

彼も毎週金曜日夜六本木HUBで部活動に励む仲間だったのだ。強豪チーム。

恒例のテキーラ決勝戦
部長に異変が・・・

ここで部長とパパ子が登場。

ひとまず、5人で恒例「テキーラ決勝戦」を開催することに。

今回は人数が多めなので15ショットオーダー。

ゲームの幕開けである。

 

1杯目

2杯目

3杯目・・・

 

ここで、いったんダレて、普通に会話。テキーラボーイの3人目の友達も登場。

しばらくたってから、ふと隣を見ると、そこには席から滑り落ちる部長の姿があった。

抱きかかえるキモ。(命名パパ子)

抱きかかえられながらも、また滑り落ちる部長。白目。

しかも・・・

 

ブクブクブクブク

白い泡を吹き出した!まさにカニ!!!!

 

店員が注意しにくる。

 

副部長、答える。

「いや、大丈夫なんで。座らせます!」

 

困った店員、去る。

 

しばらくしてから、今度は店長がやってくる。

 

「僕、店長なんですけど。ちょっと周りも困るので出てってくれませんか?」

 

カオスで地獄絵図なHUB前

仕方なく、キモと副部長が、部長を抱えて地上に連れていく。

優しい店員が、外に水を持ってくる。

部長は泡を吹き続ける。

 

道端の黒人にも心配される。

「ソノ子、アブナイヨ」

発音はボビー風。

いわゆるカオスだ!

 

一方で、そんな状況にも関わらず、六本木HUB店内に残り、部活動を楽しむパパ子。

そこに店長が再登場。

「いやいや、友達可哀想なので、行ってあげてください!かわいそうなので!」

 

いつぞやかの地雷を思い出す。

「死んじゃうんだよ、死んじゃう!」

店長に人間として当然のことを注意をされて、渋々と地上に上がるパパ子。

 

次回:泡を吐き続ける部長、さあどうなる!?  じだんだだんだんだん!

 

 

ピックアップアーティスト(PUA)って何者!?ナンパした女が失神する事件