【徹底解説】銀座コリドー街でナンパ待ちしてる女の見分け方と特徴は?

【徹底解説】銀座コリドー街でナンパ待ちしてる女の見分け方と特徴は?

ナンパ待ちといっても「歩きながらナンパ」「立ち止まりナンパ」「店内ナンパ」など、スタイルは様々。男側からすれば、どの女がナンパ待ち中なのか判断しづらいのではないか。ナンパ待ち女の見極め方を伝授。

 

登場人物

2周も10周も変わらない

部員2と合流した部長と副部長。

その日、7周目となる銀座コリドー回遊の旅が始まった。

時刻はすでに1時AM。

 

基本的に同じ顔ぶれがストリートに張っているだけで、何周しようと出会いは皆無。

10周目に差し掛かったところで、部員は思い切って戦法を変更した。

 

ちなみに10周は、距離でいうと、1200m×10でほぼ12キロである。

学校のマラソンでもこんなに走らない。

 

新戦法「立ち止まりナンパ待ち」

新規メンズが声をかけて来ることを祈って、道でひたすら張る戦法に移った我ら。

生贄はもちろん部長だ。

ガードレールの前に突っ立つだけの、受け身型ナンパ待ちである。

 

さすが部長、突っ立ち始めてわずか20秒で、コンビのメンズが位置的には部長を挟んで、話しかけてきた。

ちなみに実際の画像はコチラ

 

ナンパ待ち歴数年なだけあって、部長は動揺することなく、笑顔で彼らとの会話を盛り上げる。

 

 

よくあるナンパ待ちスタイル

 

立ち止まりナンパ
ガールドレールや壁前で暇そうにスマホをいじる形式。こういう感じでいる女は60%はナンパ待ちである。友達と約束しているという輩も時々いるが、おそらく待ち合わせよりもかなり早くから来て、ナンパを期待して立ちすくんでいるのだろう。

歩きナンパ
銀座コリドーのようなナンパ街で有効。人が集まる場所をクルクルクルクルと回遊しているような女は、常に声かけられ体制である。いわゆる今回10周歩きに歩いた部長である。とりあえず後ろから、もしくは前から声をかけてみれば良い。ガンシカトはほぼないかと。

ファーストフードナンパ
おしゃれなカフェと違って、マクドナルドやファストキッチンに1人でいる女は軽い。間違いなく軽い。実際に、ファストキッチンで隣に座っていた就活生に充電器を貸してくれと声をかけ、その夜近くに取っていたホテルに連れ込んだ輩を副部長は知っている。

まさかの伏兵登場

部長がしばらくメンズ2人組と会話を弾ませていると、そこにまさかの伏兵が現れた。

そう、あいつである。

しつこいBOOOOOOOY!である!!!!!

 

「あれ!部長!六本木のクラブぶり!!!」

 

 

ナンパ相手を傷つけることなく脈なしを伝える方法は?