マッチングアプリの初デートはどこに行くべき?絶対に避けるべき3つのこと【出会い系】

マッチングアプリの初デートはどこに行くべき?絶対に避けるべき3つのこと【出会い系】

ナンパ待ちではろくな男に会えないと、出会い系アプリに手を出した部長。初めてのデートで絶対に選択してはいけない場所とは?初回はシンプルに行くのが無難?

 

登場人物

 

出会い系プリンセス部長

登録3日目にして1400いいねを獲得した部長。

その中で唯一メールのやり取りをしていたメンズと、ある平日の夜にお食事をすることに。

 

待ち合わせは駅前。

ダンゴムシは英人系ハーフ、部長とは同い年だった。

外国人メンズにもときめいちゃう系アラサー部長は、ワクテカしながら彼が来るのを待った。

 

外人といっても、六本木HUBNo.1の地雷「ポリ男」は別だ。

出会い系サクラもびっくりなストーカーライン創出者である。

 

運命かどうかは一目でわかる

しばらくすると、すぐ後ろから声をかけられる。

「部長さんですか?」

そもそも、ハンドルネーム部長とかwwwwwwwwwww

 

第一ビューで、部長は2つのことが頭に浮かんだ。

一つ目は、「優しそうだな」

二つ目は、「あ、違うな」

 

それだけである。ほんとそれだけ。

そのあとは、軽くご飯を食べて解散。

 

あれ、こんなはずじゃ・・・

六本木HUBナンパ待ち部活動では得られないような出会いを期待していたはずが、肩透かしである。

 

NEWマークの重要さ

出会い系アプリ「pancy」をはじめて1週間。

部長のアカウントから「NEWマーク」が消えてしまったので、アカウント退会。

 

出会い系サイトにおいて「NEWマーク」は、「JK」「JD」と同等くらい価値があるもので、それが消えてしまうと、自分のアカウントは、出会い系にいつまでもしがみついている「出会い系に必死なババー」にしかなり下がらないのだ。

NEWマークがない上に、1400いいねとか、どんだけアプリで人気集めしてるんだよwwwwとも捉えかねない。

オンリーワン制度の部長は、新しいアプリに乗り換えることにした。

その名も「with」

 

メッセージ内容が全員一緒

出会い系アプリ「with」で登録した画像と自己紹介を丸コピー。

登録するハンドルネームは、もちろん部長だ。

予想どおり、数多くの「いいね」の嵐。

 

しかし、全員のメッセージにはある共通点があった。

「なんで部長なんですか?」

「部長ってwwwwwww」

「何かの部活の部長さんなんですか?」

 

このアプリでも数多くの男たちの「いいね」をものにし、前回同様、メッセージのやり取りを1人に絞った部長。

前回選ばれたBOYはハーフの同い年だったが、今回はIT勤務の年上バツイチ

ハンドルネームは「ヤッホー」だ。

 

出会い系なんだから、出会えなければ意味がない。

すぐにヤッホーから、お誘いのメールが。

「一緒にドライブしませんか?」

 

出会い系デート、初対面で避けるべきこと

ドライブデート
食事なら最悪2時間で解散できるが、ドライブともなると、移動時間+お食事・観光がセットになるので、2時間で済むはずがなく、1日中の拘束が約束される。しかも常に隣に座っていなければならず、疲れる。

遊園地デート
ドライブデート同様。1日拘束はもちろんのこと、話が弾まなかった場合、乗り物待ちの列での会話に苦しむこと必至であろう。アラサーはそもそも遊園地からは、そろそろ卒業しなければならないのだ。

宅飲みデート
これは、もう完全アウトである。色々な意味で合意の上ならば、何もいうことはないが、それ目当てなら、withとかpancyとかではなく、tinderを使え!みんな大好き、外人ホイホイ。おおよその誘い文句は「ペットの猫ちゃん見にきなよ」「手料理食べたいなあ」である。

そんなこんなで、「ヤッホー」とのデート当日。

待ち合わせ場所で待っていると本人が登場。

第一ビューで、頭に浮かんだことは、ダンゴムシ同様、二つ。

一つ目は、「優しそうだな」

二つ目は、「あ、違うな」

 

適当にドライブして、解散。

 

帰宅後、出会い系アプリをアンインストール。

全てを見透かしたように、宣言した。

 

「出会い系アプリよりも、部活動の方が出会いあるべ!!!!」

 

 

六本木リゴレットでナンパ待ちが成功する席はどこ?