ナンパならここだ!ぶっちゃけ「パブリックスタンド」に出会いはあるのか?【カリスマナンパ待ち師】

ナンパならここだ!ぶっちゃけ「パブリックスタンド」に出会いはあるのか?【カリスマナンパ待ち師】

ナンパ場所として、恵比寿横丁やHUBなど耳にするが、他の選択肢として「パブリックスタンド」というものがある。果たしてアラサーはそこで出会いはあるのか?

 

登場人物

新入部員の登場

限度額を超えて支払いができなかったリボ払い信者バンドマンと別れて、電車で渋谷に向かった部長、副部長に仮入部員。

 

その日、パパ子が渋谷で婚活パーリーに参加すると聞いていたので、それに参戦させてもらおうと思い、パパ子に連絡。

「わい、遅れるから先に魅惑の部員2と合流しといて!」

 

魅惑の部員2って何者?

部員2は、パパ子が恵比寿で1人活動した時に出会った童顔ガールだそう。

もちろん部長と副部長は出会ったことがない。

しかし、合流を命じられた。

 

入店がダルダルなパブリックスタンドに行き、お酒を買うためにカウンターで並んだ我々。

部員2を探そうにも、顔を知らない。どうしたものか。

 

ここで副部長が機転を利かす。

でっかい声で叫んでみた。

すると、すぐ後ろにいた女の子が答える。

「あ、はい、私です」

 

部員2は歳下かと思いきや、まさかの30オーバー。

多分24と言われても信じる。

ちなみに部長と副部長は30オーバーと言われても信じられる。

 

パブリックスタンドの楽しみ方

渋谷のパブリックスタンドのフロアはとっても狭くて細長い。

早速、へんてこ3人組に声をかけられる。

ここで、部員らは六本木HUBで習得した「集団を自然に離れる」スキルを発動!

1人1人とフェードアウトして行き、仮入部員を1人で置き去り。

仮入部員はまだまだ甘いのだ。

 

パブリックスタンドに飲みにきている人の98%がナンパ目的だ。

クラブナンパ同様、「フィフティーンの定理」を応用できるので、入店たばかりの好みの子がいたら、ロックオンだけしといて、15分後くらいに声をかけよう。

 

ちなみに、感覚的に渋谷ブリティッシュパブは、平均年齢が低い。

アラサーには少ししんどいめ。

新橋のトリプルスリーもそうだが、お酒が安いところには大学生や新入社員など、ボンビーな若い奴らばかり集まるのだ。

特に渋谷なんかは恵比寿や六本木以上に若くてチャラめなのが集まる。

 

パパ子がようやく参上したので、わけわかめな3人組に取り囲まれていた仮入部員を救出し、パブスタを脱出。

そして途中に、あの一度も入ることはないだろうと思っていた「スクランブルバー」に足を踏み入れるも、30秒で退散。

アラサーが遊ぶような店ではない!向かうは婚活パーリー!

 

婚活パーティに出会いを求めた瞬間負け説